呉市立保育所協議会

呉私立保育協議会とは

呉私立保育所協議会とは

保育所(園)は、保護者が仕事や病気、家族の介護などのため家庭で保育できない児童を、
保護者に代わって保育する児童福祉施設です。
また、認定こども園は、保護者が働いている、働いていないにかかわらず受け入れて、
教育・保育を一体的に行う施設です。
呉私立保育所協議会は、保育室の広さや保育士の人数などの設置基準を満たし、
認可を受けた呉市内の私立保育施設で構成されていますので、安心してご利用いただけます。
各保育施設では、それぞれの特色を活かし、
「延長保育事業」「一時的保育事業」「障害児保育事業」「地域子育て支援センター」等に取り組んでいる施設もあります。
詳しくは各施設にお問合せいただくか、HPを参照してください。
       
保育所(園)・認定こども園には、生後百日から就学前の6 歳児までの乳幼児が入所(園)でき、
定員に余裕があれば年度途中でも入所(園)が可能です。
入所の手続きや保育料に関することは、「くれ子育てネット」をご覧ください。

 

kurekosodate.jpg

楽しい保育所(園)生活 - 保育園の1日-

  • ① 登園
    hoiku1.jpg
  • ② 持ち物の整理 視診
    hoiku2.jpg
  • ③ 設定保育音楽・絵画等
    hoiku3.jpg
  • ④ 給食
    hoiku4.jpg
  • ⑤ 午睡又は設定保育
    hoiku5.jpg
  • ⑥ おやつ
    hoiku6.jpg
  • ⑦ あそび
    hoiku7.jpg
  • ⑧ 降園
    hoiku8.jpg

たいせつな子どもの遊び

子どもは遊びの中で育ちます。いろいろな遊びを体験することによって、驚き・発見・喜び・やる気が起こり、社会性や創造力も培われ、生きていく力が身につきます。保育所(園)では、年間カリキュラムの中に屋外の遊びから文字遊びや数遊びにいたるまでいろいろな遊びをとりいれて、保育効果をあげています。

あたたかくおいしい 給食

保育所(園)では、栄養バランスに配慮した献立が立てられ、衛生的に整備された調理室では専任の調理師によって温かくておいしい給食が提供されています。
0才~2才:昼 食(完全給食)
      おやつ(午前、午後)
3才以上児:昼 食(副食のみ・主食がいります)
      おやつ(午後)

情緒の安定には午睡

よく「寝る子は育つ」といいますが、これは体つきの成長だけをいっているのではありません。寝るという行為は、精神的な発育にもたいせつな要素をもっています。おひるねは大脳の機能回復と自律神経の調整にとてもたいせつなものです。乳幼児が長い時間を過ごす保育所(園)です。規則正しい日課の中で、午睡時間は情緒の安定と発育に欠かせないたいせつな保育内容なのです。